レーシック手術の失敗

レーシック手術は近年話題の視力矯正法で、視力低下に悩む人にとって画期的な治療法です。

日本においてレーシックは知られてはいてもまだまだ症例は少ないのが現状でが、アメリカなどの海外では日常的な治療法として取り入れられています。

レーシックは視力回復の為の治療法としては近代医療において先進的です。

しかしそんなレーシック手術であっても100%失敗しないとは言い切れないようです。。

レーシックは眼球に直接施す治療なので、失敗すれば失明のおそれがあるかもしれないと不安になる人もいるかもしれませんが、手術の失敗によって失明したという報告は、レーシック手術が実施されるようになってから今日までの間は一例もないみたいですので安心ですね。

既に100万人以上の人がレーシック手術を受けている本場アメリカでも、レーシック手術の失敗による失明はないそうですので心配いらないでしょう。

レーシックは眼球に直接メスを入れる手術ですが、メスを入れるのは角膜なので通常では失明するということは有り得ないそうです。

角膜に当てるレーザーも、角膜の内部までは入り込まず角膜に吸収されてしまいますし、万が一手術中に災害のようなトラブルが起こった場合にもレーザーの照射が止まり、誤作動を起こすようなことはない仕組みになっているようですので心配はいりません。

それでもレーシック手術を受けるときには、できるだけ経験の多い眼科医を選ぶのが安心だと思います。


posted by リッチー at 05:07 | レーシックについて
家庭の医学
女性の健康
不妊治療
疲労回復法・体力づくり
睡眠・快眠
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。